脱毛ラボの決め手はこれだった

最初は賭けだった!?とにかく安く全身脱毛ができる脱毛ラボ

ウエディング
脱毛ラボは口コミなどをネットで見ていると、「全身脱毛ならとにかく安く脱毛ができる!」「全身脱毛最安値」とかとにかく本当に「安く全身脱毛ができる」ということがうかがえます。

確かに公式サイトを見ても全身脱毛は月額制で10778円、しかも初月0円だし、こんなに安く全身脱毛ができるんだったら契約してもいいかなと思ってしまうほど。

実はその昔、まだ脱毛が高級なものであった時代にワキ脱毛をしたことがあったのですが、その時は20万円ぐらいかかったんですよね。ワキだけで!それを考えると脱毛ラボは全身脱毛がたった10000円ちょっと!?と不安になってしまうぐらい安かったのです。

当時はOLだったので会社のボーナスはたいてワキ脱毛したという感じでしたが今回はそうもいきません。仕事はしているけれど実は子供もいるし、時間は比較的取れる方ではありますがあまり大金は払えない!というのが実情。そのため安すぎる脱毛ラボで全身脱毛をするというのはある意味賭けだったりもしたのです。

あまりに安すぎると心配になったりしませんか?口コミではいくら脱毛効果がある、安い、と言われていても実際に自分がするとなったら同じ効果はあるのかな?と考えてしまいます。

というのもワキ脱毛を前にした時には激しい勧誘やセールストークは頻繁に行われていたから。「もう少しやったらちゃんと効果が出てきますよ〜」なんて言われたりもして。

結果そこまで効果は変わらなかったので、「もしかしたら脱毛ラボは安いけれど、効果がなくて何度も通われるんじゃ…」といった不安もあったのです。だからとにかく安いサロンがよかったけれど、一種の賭けだったんですよね。

「ほぼ無痛で脱毛ができる」と評判の脱毛ラボ

以前レーザー脱毛と針脱毛を経験している私としては「できればあんな痛い思いは二度としたくない!」というのが本音です。特に針脱毛は効果は本当にあるのですが、続けられないぐらい痛かったのを覚えています。

その点光脱毛は痛みもなく広範囲を一気に処理できるから、たとえ痛かったとしても短時間我慢すれば済む!と思ったのです。

とはいえ光脱毛といってもいくつかの種類にわかれるようで。口コミでも「安い」の次に多かった「痛くない」といったものを参考に候補に上がったのが脱毛ラボでした。

脱毛ラボでは最新の脱毛法、S.S.C.(スムーススキンコントロール)脱毛を採用していて、抑毛効果のあるジェルとライトの相乗効果で肌に負担をかけることなく毛が生成されるのを抑えてくれるという仕組み。

事前に塗るジェルは痛みを軽減させるだけでなく、光を照射することによって毛穴にも浸透していくというのですから不思議です。そのため、脱毛後に生えてくる毛そのものが剛毛ではなくなってくると評判なんですよね。

実はこの脱毛法は脱毛業界超最大手のミュゼでも採用されている方法。実は全身脱毛を考えた時ワキがすごく安いミュゼでなら安くできるのかなと思って調べたことがあるのですが、全身脱毛の料金は圧倒的に脱毛ラボの方が安かったです。

評価の高い脱毛方法をできる限り安く、しかも全身脱毛で、と考えると私にはもう脱毛ラボしか見えなくなっていたのです。

早く脱毛の効果を得たい!

脱毛ラボで採用されているS.S.C.脱毛で使われている、抑毛効果のあるジェルは、なんと毛周期に関係なく作用します。

従来の脱毛というと毛周期に合わせて通わなくてはいけなかったので2〜3ヶ月に1度しか施術ができなかったのですが(毛周期に合わせなければ意味がなかったということもあり)、脱毛ラボでは毛周期に関係なく脱毛ができるので毎月通っても問題なく施術が受けられるんです。

月額のサロンだと、その月に自分の都合で施術をうけられなかった時も月額料金がかかったりするのですが、月に1度通っても問題ないというのならお肌のお手入れのためにも通う気になれますよね。

中には半年で脱毛が終わってしまったなんて人もいるそうで、ワキのときは2年ぐらいかかったけれどできればそこまで通いたくないなと思い、なるべく効果が出るのが早そうなサロンを探していたというのも脱毛ラボにしたきっかけではあります。

月額10778円なら、1年通えば129336円。確かに全身脱毛としては破格だと思えるぐらい安いですが、これで効果がなかったらその何倍もかかる可能性がありますからね。できれば1年ぐらい通って効果を出せるように…との願いも込めて脱毛ラボを選びました。

全身脱毛は最低でも1年〜1年半はかかるとは言われているので、1年でどうにかしたい!というのはけっこう無謀かな?とは思いましたがわりと3〜4回目以前から効果が出始めている人がいるようなので、もし1年で完璧とはいえなくても、自己処理が楽にはなると思ってしまいますよね。